4Kテレビのこれだけは知っておきたい基本機能

4Kテレビのこれだけは知っておきたい基本機能

一般的なモデルにおいて、最も大きな価格差となるのはインチサイズとアップコンバート機能の有無ですが、その他にも目に留まる諸機能を内容とともに簡単に解説していきます。

 

HDMI、USB端子

パソコンやデジタルカメラ、デジタルビデオなどをテレビに繋ぐ際に必要となるこれらの端子ですが、HDMIはほぼ全ての製品についており、USBはわずかに非搭載のモデルがあります。モデルによる主な違いは端子の数。基本的に1つあれば事足りるものではありますが、パソコン用のモニターとしてテレビを常用する方のように複数のデジタル機器・ゲーム機を繋ぎっぱなしにしておきたい、といった場合には必要数を搭載しているかチェックしましょう。

 

無線LAN、有線LAN

テレビ上でYoutubeやNetflixなどのネット動画・番組を見る際に不可欠なインターネットに接続する機能です。LAN機能は、ほぼ全ての製品についていて、無線・有線の両方に対応しているモデルがほとんどですが、WiFi-Direct(ルーターを介さず直接機器同士を接続する機能)については搭載モデルは半数未満。WiFi-Directはこれが無ければ接続できないといった物ではないので、無くても特に気にする必要はありません。

 

VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス

これは4Kテレビの各モデルとインターネット系の映像配信会社との提携サービスで、主に映画やスポーツ番組などの有料コンテンツを提供委する各社のアプリが組み込まれていて、テレビ上の操作で視聴が出来るという機能です。とは言え、提携していないからといって見れないわけではありません。パソコンやスマートフォン、もしくはテレビ上でのネット検索から契約し、テレビモニターへ映像を出力する事で視聴は可能です。VODサービスの代表的なところはHuluやYoutube、Amazonプライム、Netflix、TsutayaTV、DAZNなど。VODサービスは4K画質に対応していない番組も多々あり、中にはパソコンのモニターやスマートフォンで見る分には気にならなくても4Kテレビでは粗さが目立つ場合もあります。VODサービスにYoutubeがあるからといってYoutubeの動画が全て綺麗に見れる、といった類の機能ではありません。あくまでテレビ上で操作がしやすいようアプリがついている程度の認識でOKです。

 

録画対応(外付けか内蔵か)

4Kテレビでは録画の為のHDDを内蔵しているモデルは半数未満。一方、外付けのレコーダにはほぼ全て対応しています。既に外付けHDDをお持ちの方なら内蔵モデルを選ぶ必要はないので、その分価格が抑えられるでしょう。ただ、4K放送に関してはレコーダも4K対応でないと録画した番組が4K画質では見れません。お持ちの外付けレコーダが4K規格に対応しているかどうかはチェックした上で外付けか内蔵かを選びましょう。また、キーワード入力で自動で番組録画をする自動録画機能については半数未満の上位モデルに搭載となっています。

 

4K放送対応チューナー(スカパーのみ)

4Kテレビの一部のモデルではスカパーの4K放送に対応したチューナーを搭載しているモデルがあります。しかし、注意したいのはこのチューナーは2018年末よりスタートする4Kの本放送に必要なチューナーとは別物という事。2017年8月時点では4K本放送に対応したチューナーを搭載したモデルは未発売で、後々別途用意する必要があります。店頭で「4K用のチューナーはついてますか?」と聞いた際、これを指して「ついています」と答えるような店員さんがいないとも限りませんので、非常に注意したいポイントです。

 

等倍速、2倍速

主に液晶パネルの4Kテレビに搭載されている機能で、映像を滑らかに映し出す為の技術です。早送り・巻き戻し等の倍速とは全く異なる映像処理技術で、これがあるとより画面が綺麗になる、と考えておけばOKです。有機ELパネルでも一部で倍速機能が付いているケースもあります。但し、テレビ側で処理が加わるという事は、その分映像の反応速度が下がるという事。ゲーマーの方の中にはむしろこの機能は不要という人もいます。そういったマニアックな部分以外にもテレビを点けたりチャンネルを変えたり、といった一般的な操作の反応速度にも影響しますので、倍速の有無による画像の綺麗さと反応速度、それぞれの重要性を天秤にかけて検討してみて下さい。

 

Ultra HD Premium、ドルビービジョン

これは簡単に言えば色彩や輝度が通常の4Kよりも更に鮮やかに映る規格の事。8Kとはまた別の技術になります。映像美の追求という点では現状の4Kにおいて最高峰の技術とされていますが、その分、搭載されているのは20万円を超えるわずかなモデルのみ。Ultra HD Blue-Rayという、いわゆる4Kブルーレイの真価を発揮するのには必要な機能(再生はできても画質が落ちる)ですが、ここまでくると映像にかなりの拘りを持っているレベル。レコーダ等もそれに対応した機器を揃える必要がありますし、上級者向けの機能と言えます。

 

省エネ性能

基本的にはサイズの大きさに比例して消費電力もあがります。一般的に有機ELの方が省電力と言われておりますが、それは単に有機ELと液晶の発光単体についての比較。その他の機能も同時に動く4Kテレビでは、一概に有機ELの方が省エネとは限らず、モデルによりまちまちです。いずれにせよ、せいぜい年間2,000〜3,000円程度の差ですので、現状では重要視する程の差はありません。

 

その他各社の機能

音声認識リモコンやアレコレチャンネル、みるコレ、など便利機能がついていますが、使い勝手に一長一短があり、正直個人的にはいらない機能。唯一「あ、いいな」と思ったのは東芝レグザの「タイムシフトマシン」。上位モデルにしか搭載されていないのが残念ですが、地デジ6番組を過去に遡って見れる機能がついています(記録用HDDは別売り)。

 

まとめ

4Kテレビに搭載されている基本的な機能は以上の通りです。今やネット接続、各種デジタル機器との接続が当然となっている4Kテレビでこれらの基本性能を満たしていないテレビはごくわずかですが、特に格安モデルの場合には、買った後に「これがない!」となっても困りもの。ご自身の必要なもの、不要なものを切り分けていき、ベストな選択をしたいところですね。