4Kテレビ40〜45インチのおすすめ機種

40〜45インチの4Kテレビおすすめ機種

このサイズの4Kテレビは液晶タイプ。現行の4Kテレビでは最も小さいサイズ帯となりますが、

 

SONY BRAVIA KJ-43X8000E [43インチ] ・パナソニック VIERA TH-43EX750 [43インチ]

 

このサイズ帯で最も高機能といえるのがソニーのブラビアシリーズ8000EとパナソニックのビエラシリーズEX750。どちらも地デジもネット動画も4K画質で楽しめるHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しており、カスタマイズ機能が充実しているので、画質や各種設定の懐の深さが特徴です。また、

 

  • サウンド性能を推しているのがパナソニック VIERA TH-43EX750
  • 画質を前面に押しているのがSONY BRAVIA KJ-43X8000E
  • テレビ本体のカラーはソニーがブラックとウォームシルバーの2色、パナソニックが単色(ブラック)
  • VODではSONY BRAVIA KJ-43X8000E がandroidTV、パナソニック VIERA TH-43EX750 がNetflixにダイレクト対応(+Youtubeはどちらも対応)

 

といったところが主な違い。画質・音響の違いについては好みがあると思いますので、そこはなるべく実物で確認したいところですが、43インチという比較的コンパクトなサイズでも出来る限り高機能を!という方にオススメしたい4Kテレビです。

 

ちなみに、パナソニックEX750の下位モデルにあたるEX600は、2番組同時録画が出来ないというのが個人的にはマイナスポイントです。

 

ハイセンスHJ43N3000 [43インチ]

 

こちらは何と言っても安さが魅力の4Kテレビ。アップコンバート機能(2K画質を4K画質へ変換する機能)を備えた4Kテレビの中では格安とも言える6万円前後で販売されています。HDR(ハイダイナミックレンジ)に非対応であったり、画質・音質の面では他社製品より劣るという評価は多いですが、無線LANや録画機能(外付け)、HDMI端子(3個)といった基本機能は十分備えており、とにかくコストを抑えたいという人に最適の一台です。

 

東芝 REGZA 40M510X [40インチ ・東芝 REGZA 43C310X [43インチ]

 

価格やテレビ視聴とは別の特徴を持つのが東芝レグザシリーズの40M510X。4Kゲーム・ターボ(C310Xは4K瞬速ゲームダイレクト)という反応速度に拘ったゲームモードを搭載している4Kテレビで、コンシューマー機・PCゲームなどを日頃からプレイする人には最もオススメしたいテレビです。価格帯は8〜9万円前後。勿論M510X C310XともにHDRにも対応していて、画質はどちらも申し分ありません。画面の大きさで選ぶならC310X、よりクリアなサウンドを重視するならM510Xがオススメです。

 

 

シャープ AQUOS LC-45US40 [45インチ]

 

シャープのアクオスLC-45US40は、その他のメーカーにはない45インチを出している唯一の商品。40型では物足りない、でも50だとちょっと大きい、なんていう方に特にオススメ。発売されたのが2016年9月で他と比べるとやや古いモデルですが、最安値ならば10万円を切るのも魅力的。一方、正面から見た時と比べ、角度を付けた際に白っぽくなりやすいという特徴もあるので、使用環境は前もって確認しておきたいところです。